Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

建設業においては、業種の特殊性から、業務の定型化が難しく、他産業と比べて科学的な経営手法は、普及していません。

 

 経験主義や精神論、現場任せ、個人任せといった状態に置かれているのが多くの実態です。

 

 このブログの目的は、建設業経営を科学的に分析し、経営手法を実践するにはどうするか情報発信および情報交換することです。

 

 目的を踏まえて、このブログの基本方針を以下にまとめておきます。

 

①実践性の重視

 

 経営論は、絶対的に正しい手法はなく、白黒など割り切れるものではない。経営は、仮説として実践し、改善していくものです。正誤論やあるべき論にとらわれると不毛な作業になるので避ける。

 

 建設業に即した具体性とわかりやすさを重視する。経営専門用語や横文字は避ける。

 

②科学的に考える

 

 事実の分析、前提や根拠を明確にして、科学的に建設業経営にアプローチすることを基本とする。

 

③情報は出し惜しみしない

 

 ノウハウや知識など情報など出し惜しみしない。

 

④特定の個人や団体を中傷しない

 

 失敗事例や良くない例を上げる場合も、決して特定の個人や団体を中傷しているものではありません。また、当然個人名を出すことはありません。

 

 

関連記事

建設設計・施工管理求人情報

ページ上部へ戻る