Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サブプライムショック以降、ドバイなどバブルはじけて、日本企業は海外分野は相当苦境になっています。日本の現在のランキングは、2008年よりさらに低下していると思われます。
 恐らく、私たちが持つイメージよりも、日本企業は意外に国際的には強くないです。
 日本の建設業の海外進出は、もともと戦後のODA中心に始まり、その他は、日本企業の海外進出に伴う現地工場などの建設が中心でした。
 最近は、顧客の多角化も進んで、近年は、ODAの比率は30%程度になっているようです。
これは、現地化が進んだということです。
数年前にサンフランシスコにある某大手ゼネコン支社にインタビューで行きましたが、日本人社員は数人でした。
海外で息の長い商売をやるには、「現地化」が条件になるでしょう。

関連記事

建設設計・施工管理求人情報

ページ上部へ戻る