Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

これは、リスクが大きい事業をする場合に共通する手順の鉄則です。

1.小さく進出、情報(ノウハウやニーズ)をつかむ
事前の情報収集は重要です。ただし、国内でどんなに調べても、情報量が乏しく、十分な情報は収集できないでしょう。
小さく進出して、情報(ノウハウやニーズ)をつかむことも重要です。
戦術的には、威力偵察といえます。実際に現地に入り、行動してみることが重要です。
例えば、日本企業の下請け、労務提供のような、失敗してもリスクは少ない方法が挙げられます。
また、外国人研修生:安い人材としてでなく、なるべく高度な人をとり、将来の人脈になる可能性も考えられます。

2.パッケージ、商品を明確にする
普通の工事受注では、競争には勝てません。ニーズにあった。高付加価値、独自性をもった商品が必要です。

3.成功事例を育てる
小さく進出し、情報を収集し、商品を開発し、成功したら大きく育てるということが重要です。失敗は、小さい内にしておくべきです。

関連記事

建設設計・施工管理求人情報

ページ上部へ戻る